星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叱られてるうちがハナ!!

おはようございます♪

Vol.2925

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、新店舗の妙典院に行ってきました。

 

内装がもう少しで終了します。

 

来週から医療機械を入れてスタンバイをしていきたいと思っています。

 

GW明け、弊社も問題山積みです。

 

一つひとつ解決をしていかないといけないと思っていますが・・・

 

解決していない間に、また問題が・・・

 

妻からのお叱りも半端なく・・・

 

「あなたの姿勢が、会社の姿勢に表れる!」

 

ごもっとも・・・

 

ハヤテとコマチ(豆柴)が救い主です♪

 

===========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

なぜジョブスは、黒いタートルネックしか着なかったのか?   ひすいこたろう著

朝食は必ずカレーライス

 

 

 

 

大リーグで活躍を続けるイチロー選手。

 

 

その活躍を支えていた陰の立役者は、実は奥様の手づくりカレーライスなのです。

 

 

イチロー選手は、渡米してから9年間、毎日必ず、朝食にはカレーライスを食べていたそうですから・・・

 

 

どんだけカレー好き何だか!

 

 

しかし、ただのカレーにかわろ、食パンとそうめんを毎朝欠かさず食べているそうですから・・・

 

 

今度はエブリモーニング・ソーメン!

 

 

食だけではないんです。

 

 

イチロー選手は様々なところに、「ひとつのパターン」を築いています。

 

 

ここに秘密がありそうです。

 

 

たとえば、イチロー選手がバッターボックスに入った際に必ず行う動作も、定型的な動き(ルーティンワーク)が見られます。

 

 

バットを投手側バックスクリーン方向へ水平に伸ばし、左手で右腕のユニフォームの袖を引っ張るというおなじみの仕草。

 

 

決められた動作をゆっくりする中で、自分の肉体と対話し、同時に精神状態もベストな状態へとつくりあげていくのです。

 

 

イチロー選手は、スタジアムに入るときや練習で走り始めるとき、どちらの足から踏み出すかも決めているそうです。

 

 

ウォーミングアップメニューも毎日同じ時間に、同じ量、同じ手順でこなしていきます。

 

 

イチロー選手は、そうめんを食べる時も、斜め右、手前3列目のめんから食べます。

 

 

すいません。ここだけウソです。(笑)

 

 

また練習では、最初はレフト方向へ流し打ちから始め、次にセンター方向に打ち返し、最後はライト方向に引っ張ります。

 

 

その日の気分によって変えることはしません。

 

 

これはイチロー選手がひとつのパターン=ルーティンワークを大切にしているからです。

 

 

パターン化することで、体がそのリズムを覚え込み、いちいち余計なことを考えなくてすむので、頭の中を必要なことだけに集中させることができるようになります。

 

 

また、同じことを繰り返していると、いつもと少しでも違う感覚であればすぐにその違和感に気づくことができます。

 

 

そう。イチロー選手は、一定のリズムをつくり、いつもと違うときの感覚、違和感をいち早くキャッチすることをとても大事にしているのです。

 

 

イチロー選手は言います。

 

 

「練習は100%自分を作らないと、打席に立つことはできません。自分の形を見つけておかないと、どん底まで、突き落とされます」

 

 

「ハイレベルのスピードでプレイするために、ぼくは絶えず体と心の準備はしています。自分にとって一番大切ことは、試合前に完璧な準備をすることです」

 

==========

 

イチロー選手の生活は、最高のパフォーマンスをするための準備=儀式です。

 

そうすることで、心を整える。

 

いつもと同じ平常心をつくることで、大舞台でも最高のパフォーマンスをつくる。

 

なるほどですね~

 

========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修