星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレーナー活動!!

おはようございます♪

Vol.2916

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日も京成大久保院オープン2日目。

 

無料体験会に、院内に入りきらないぐらい患者様が来てくれました。

 

弊社のスタッフががんばっている、足立十三中、足立十一中の女子バスケのトレーナー見学に佃中学に行きました。

 

実は、僕の住んでる月島です。

 

佃中学はいつも、ハヤテとコマチの散歩コースです。

 

身近に感じてうれしいです♪

 

スタッフがいろんなところで活躍していてありがたいなぁ~

 

と思っています♪

 

http://www.hone.co.jp/keiseiokubo/

 

↑京成大久保院です♪

 

ぜひ覗いてみてください。

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

3秒みんなでハッピーになる名言セラピー   ひすいこたろう著

最後の別れ

 

 

 

 

大好きなおじいいちゃんがいました。

 

 

とても素敵な人でした。

 

 

いつもニコニコしていて、みんなから慕われていて、かっこいいおじいちゃんでした。

 

 

でも、私が小学6年生のとき、胃がんで、亡くなってしまいました。

 

 

おじいちゃんが病院にいた期間は、そんなに長くなかったように思います。

 

 

ある日、学校から帰って、家で妹と遊んでいると、お隣のおばさんが家に来て、

 

 

「お母さんから電話があって、おじいちゃんが危ないそうだから!」って、病院まで連れて行ってくれました。

 

 

もうたくさんの人が集まっていて、子どもながらに、ただごとではないんだなぁと感じました。

 

 

私と妹が病室に行くと、「最後のお別れをしなさい」って言われました。

 

 

おじいちゃんは苦しかったんだと思います。

 

 

目も大きく見開いて、口も開いてました。

 

 

すごく覚えてる。

 

 

私は次の日、小学校の修学旅行を控えていました。

 

 

おじいちゃんの最後の言葉は、

 

 

「俺が死んでも、さおを修学旅行に行かせろよ」

 

 

でした。

 

 

自分が今死んでしまったら、私が、明日から修学旅行に行けなくなるんじゃないかって、心配していたのかもしれません。

 

 

自分が死ぬ間際に、そんな私の修学旅行の心配なんて・・・・

 

 

修学旅行にはもちろん行きました。

 

 

「遺言だからね、行きなさい」って

 

 

お通夜もお葬式も出られなかったけど、私が修学旅行に行かなきゃおじいちゃんに怒られるって、おばあちゃんは言いました。

 

 

亡くなる3日前に、震える手でおじいちゃんはお小遣いを渡してくれました。

 

 

そのお小遣いを持って、日光に行きました。

 

 

7つ下の弟が、当時、小さくてわけもわからず、みんなの泣き声の響く病室で、無邪気に

 

 

「おじいちゃんは、お星さまになるの?」

 

 

って言っていました。

 

 

きっとおじいいちゃんは、お星さまになって、私を見守っていてくれるんだと思います。

 

 

私が悩んだり凹んだりしていることもニコニコ笑って、全部わかって、見守っていてくれるんだと思います。

 

========

 

自分が苦しい時に、このおじいちゃんのように、人を思いやる心を持ちたいですね。

 

それが相手の心に残る、思い出でもあります。

 

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修