星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京成大久保院オープン!

おはようございます♪

Vol.2915

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、24店舗目。

 

京成大久保院のオープンイベントでした。

 

朝、8時に錦糸町へ吉武さんを迎えに行き、京成大久保へ。。

 

オープンする院は、活気があります。

 

夜は、弊社の宇佐美と菊池健太と元西武トレーナーの中野さんと秋葉原会。

 

久しぶりに秋葉原で飲み会して、熱く語り合いました。

 

仲間っていいですね。

 

今日で、禁煙して1か月やり切りました。

 

飲み会の時は注意しないといけませんね~

 

タバコを吸わないので、飲むピッチが速くなります♪

 

次の日がホントつらいです。

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

天運の法則   西田文郎著

本気とは魂の決断である

 

 

 

 

魂の話をしよう。

 

 

何かを成し遂げようとするとき、絶対に必要な条件がある。

 

 

それは、己を犠牲にしてもやり抜くという「覚悟」である。

 

 

大きな成功はこの「自己犠牲」の上に成り立っている。

 

 

自己犠牲には、人に言われて仕方なく行う「消極的自己犠牲」と、自らの石で自分を追い込む「積極的自己犠牲」がある。

 

 

人が本気になったとき、どんな逆境でもつくらないのは、自らの意思で取り組んでいるからだ。

 

 

一流の人間であれば、ワクワクしながら自分を追い込むはずだ。

 

 

ゴールのイメージがありありと見えているから、心の底からワクワクしている。

 

 

人間の脳は、ゴールが見えていれば、苦しみも楽しみに変えられるのである。

 

 

人に指示されて「仕事だからしょうがない」と嫌々やるような「消極的自己犠牲」は何も生み出せない。

 

 

強要されたり義務感から行う「消極的自己犠牲」が生み出すものには、喜びも感動も存在しない。

 

 

魂が嫌がっていることは、ストレスになるばかりで何もいいことはないのだ。

 

 

人の物事への取り組み方のレベルには、次のような3種類あると私は常々申し上げている。

 

①          いい加減

②          一生懸命

③          本気

 

 

経営者でいい加減な人間はいないだろう。

 

 

しかし、損得ばかりで意思決定をしていたり、そこだけに一生懸命な人は、仕事にワクワクした気持ちではないだろう。

 

 

それではストレスが大きくなり、いずれ行き詰まってしまう。

 

 

他人から何を言われようが、たとえ「アホ」「変態」「変人」だと言われようが、覚悟を決めて本気でやれる人間。

 

 

そういう人間だけが真に高いレベルまで行くことができるのだ。

 

 

明治の教育者で後藤静香という人がいる。

 

 

日本で最初に点訳奉仕活動を提唱した人物だ。

 

 

氏の書いた「本気」という詩を、私は講演などで機会があるごとに紹介してきた。

 

 

ここでも皆さんに紹介したい。

 

 

本気   後藤静香

 

 

本気ですれば、たいていの事はできる

 

 

本気ですれば、なんでも面白い

 

 

本気でしているとだれかが助けてくれる

 

 

人間を幸福にするために

 

 

本気ではたらいてるものは

 

 

みんな幸福で

 

 

みんなえらい

 

========

 

この本気の詞が大好きです。

 

本気ですればたいていのことができるはずなのに、やってないからできない。

 

本気でやっていると誰かが助けてくれるもの・・・

 

それが僕は妻でした。

 

起業して25年。。

 

妻には頭が上がりません♪

 

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修