星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、また15期練習会!

おはようございます♪

Vol.2913

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日も新入社員15期生が本社に来て、HS式マッサージの技術練習会。

 

1か月経ちませんが、スタッフ個々に差が出てきています。

 

それでも、できるスタッフは出来ないスタッフを教える。

 

競争よりも応援する、協力する。

 

大事にしています。

 

みんなで共に成長してほしいと思います。

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

朝日新聞より・・・

新入社員の皆さんへ

 

 

 

 

新入社員の皆さんは、この1か月ほどの間、研修などで慌ただしかっただろうか。

 

 

戸惑いも多いと思うが、これから本格的に仕事を始める皆さんに、五つの話を贈りたい。

 

 

①          3日の朝刊に、新社会人に向けたサントリーのメッセージ広告が載った。

 

 

この歴史が長く、私が社会に出た1981年は、作家の山口瞳の「働く会社のためでも家族のためでもない、自分のためである」「気楽な稼業だと思ったら大間違いだ」「新入社員諸君!この人生大変なんだ。本当の酒の味がわかるのは、苦しみつつ、なお働いた人たちだけなんだ」という言葉だった。

 

 

②          私が入社した36年前、当時の会長はこうあいさつした。

 

 

「私は社員の健康を害してまで、もうけたいと思わない。体に気をつけてがんばってください」

 

 

意外に感じたが、働き方改革が議論される今、その先見性に驚く。

 

 

③          「諸君。学校を出たら、勉強しよう。」というのは、82年の日本経済新聞の広告コピーだ。

 

 

新聞を読む若者が減っているが、このコラムを読むあなたは頼もしい。

 

 

読書もしよう。仕事関係だけではなく、小説で世界を広げたい。宝島社の2012年の広告コピーは「ヒトは、本を読まねばサルである」だった。

 

 

④          何よりも勧めたいのは、いろいろな人と会話することだ。

 

 

新入社員の間は、先輩に何を尋ねても親切に教えてもらえる。これは新入社員時代の「特権」ともいえる。

 

 

同じことを3年目に聞いたら、「そんなこともまだ知らないのか」と叱られるかもしれない。

 

 

⑤          初めての給料で、親に感謝の意を示そう。きっと、父や母は胸を熱くする。あなたの心は温まる。

 

=========

 

新入社員が入社して、1か月が経とうとしています。

 

どうですか?

 

慣れましたか?

 

体調崩して無いですか?

 

自分の生活のリズムをしっかりともてるかどうか?

 

本当にここからが、人生勉強の始まりですね。

 

うまくいかないことを環境のせいにする人間は、絶対に幸せになれません。

 

笑いや涙、感動のある人生を・・・

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修