星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境整備!!

おはようございます♪

Vol.2903

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、環境整備。。

 

山手エリア3店舗に行ってきました。

 

うーーーーん!!

 

いいところとダメなところが浮き彫りに・・・

 

会社として成長して行ってるのですが、スタッフ一人ひとりの意識を上げていかないと・・・

 

差が激しくなってます。

 

「差を詰めていくためにどうするか?」

 

SMAPみたいになっちゃうな~

 

この現状を幹部に投げたいと思います。

 

==========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

立川談志氏  君の10年後を変える言葉   齋藤孝著

「好きなこと」にこだわるな

 

 

 

 

もちろん自分に合っていない仕事というのはある。

 

 

でもその仕事のなかに一部分でも、エネルギーを割けるような特異な部分があったら、こちらのものだ。

 

 

そこのなかに「好きの虫」を育てるのだ。

 

 

「好きの虫」というのはとてもよい言葉だと思う。

 

 

しかもその虫を育てる、というところが談志らしい言い方だ。

 

 

そしてその虫は、執着、執念のなかに住んでいる。

 

 

ある仕事に就いたら、それが好きかどうかという以前に、こだわって執着してやっていく。

 

 

すると、その仕事に関する物事の判断ができるようになってくる。

 

 

やってみる前から、わずかな知識で、物事の判断などできないということだ。

 

 

たとえば、親のやっている家業をイヤイヤながら継いだ2代目でも、その仕事を知るうちに、好きな虫が湧いてきてしまう、ということがあるだろう。

 

 

「好きだから」というより、ひとつの仕事に執着、執念をもってやっていると、むしろそこから好きの虫が育ってくる。

 

 

現在の好き嫌いですべてを判断しないほうが、人生に広がりを持つことができるのだ。

 

==========

 

自分の好きなことを求めると、職を転々としてしまいます。

 

自分探しの旅に・・・

 

目の前のことを一所懸命やると、その仕事が好きになり、その仕事は継続する。

 

やはり、仕事は目の前のことを全力投球やり続けられるか?

 

ですね。