星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつの歯科医院にて・・・

おはようございます♪

Vol.2892

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、2年ぶりに草加にある「まつの歯科医院」に行って治療してきました。

 

そこには、水上大先生が・・・

 

実は、誕生日だったのです♪

 

なので、三岳の焼酎を持ってお祝いしました♪

 

治療は、歯の詰め物が取れて、松野先生にすぐに治療していただきました。

 

お昼、診療後、松野先生と水上さんと3人でいつものそば屋へ。。

 

松野先生に僕が、

 

「歯の治療は、次回はいつですか?」

 

「もう大丈夫。治療は終了!!」

 

「はやっ・・・」

 

1回で治療が終了しました。

 

持つべきモノは仲間ですね~

 

夜は、秋葉原にて日本商店会のセミナーに参加!!

 

戸松さんのビジネスマンの着こなし術。。

 

「へぇ~」

 

「そう意味があるんですね~」

 

学びになりました。

 

その後の懇親会も盛り上がりました~

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

3週間で人生を変える法    トニー野中著

人生の行動計画のつくり方

 

 

 

 

この「人生のゴール」に向けて歩む出そうと考えたとき、必要なのは「では、これから何をするか」という具体的な行動計画です。

 

 

行動計画を作るとき、多くの人は「1年後に何をするか?それを達成したら次に何をするか?」と、現在を起点にして、その延長線上で将来をえがくことをやりがちです。

 

 

しかし「幸せな成功者」は違います。

 

 

「人生のゴール」である未来を起点にして、「ゴールにたどりつくために、ゴールの10年前までには、このレベルになっておく必要がある」

 

 

「ゴールの20年前までにはこうなっていなければならない」

 

 

「30年前にはこうなっていなければいけない」

 

 

と、現在まで時間を逆算してプランを立て、確実にゴールへたどりつく計画を立てるのです。

 

 

一般的に、現在を起点にして目標までの行動プランを立てることを「フォーキャスト法」と呼び、多くの成功者が好むこのやり方を「バックキャスト法」と呼びます。

 

 

たとえば、人生のゴールに「アフリカの子どもたちにワクチンをたくさん届ける。アフリカの医療レベルをあげるために、アフリカで活動する」という最終的な目標を掲げた場合「じゃあ、アフリカに病院をつくるとしたら、どれくらいの資金が必要か?」

 

 

遡れば、具体的な金額目標が割り出せます。

 

 

そして、その病院で実際に活動するには、人生80年だとして、50代か60代までには、病院を立てておく必要があると、タイムリミットもわかるでしょう。

 

 

ならば50歳の時点でいくらの資産が必要か、そのために40歳でどれくらいの収入を得ているべきかと逆算していくことで、自動的に収入目標も明らかになります。

 

 

そのほか、アフリカで活躍するためには、現地の人脈も必要になるでしょう。

 

 

実際にアフリカで活躍している医師たちと交流し、世界の医療団に参加して、自分がアフリカで活躍するのを助けてもらうよう、道筋も築いていかなければなりません。

 

 

当然、国際語として英語が必要になるので、「英語を習う」という、今すぐ始めなければならない目標も見えてくるでしょう。

 

=========

 

人生のゴールは何か?

 

中々、難しい問題です。

 

弊社でも10年後の自分、ライフプランを立てるように指導し、書いてもらいます。

 

10年後の自分から逆算すると今、何をすべきか?

 

大事になりますね~