星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コニージャパンの小西社長と・・・

おはようございます♪

VoⅬ.2879

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、コニージャパンの小西社長との懇親会。

 

東京駅の新丸ビルで差し飲みしました。

 

いや~

 

コニーとは、出会って10年!!

 

あっという間ですね!!

 

一生付き合う仲間となるので、定期的に本音の情報交換。。

 

学びになりました。

 

出会いに感謝。

 

出会いから夢

 

出会いが成長

 

出会いが一生

 

ホントこういう仲間に感謝しかありません。

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

錦織圭マイケルチャンに学んだ勝者の思考   児玉光雄著

1年後の自分をイメージできる人間が成功者となる

 

 

 

 

目標設定こそ夢を実現するために不可欠な要素。

 

 

チャンの指導の元、錦織の脳裏には常に具体的な年間目標が刻み込まれている。

 

 

目標設定において最重要の要素はその目標を実現することではない。

 

 

低い目標設定では成長が望めない。

 

 

あるいは高い目標設定では到達をあきらめてしまう。

 

 

大事なのは、自分にとってモチベーションを最高レベルに引き上げてくれる目標設定をすること。

 

 

錦織のグランドスラムのベスト8とトップ10入という目標は、彼にとってまさに最適の目標設定だったと言える。

 

 

努力は車のタイヤであり、目標はナビである。

 

 

車のタイヤに問題があれば車は走れない。

 

 

一方ナビがなくても車は動く。

 

 

しかし、行ったことのない未知の場所にたどり着くには、ナビが必須の武器になる。

 

 

努力は必要不可欠なものである。

 

 

しかし、その努力の効率は設定する目標によって大きく変わる。

 

 

だから、努力の前にまず目標ありきなのである。

 

 

年頭にその年の年間目標を明確にしよう。

 

 

結局、一年後成長した自分をイメージできる人間だけが、成功者の仲間入りができるようになる。

 

 

========

 

自分自身のモチベーションを高めるためには、目標設定は不可欠です。

 

目標から逆算して、今何をすべきか?

 

考えて行動できるからです。

 

それは、スポーツも仕事も同じです。

 

モチベーションが低い人は、目標がない、目標設定が小さい・・・

 

自分自身がワクワクするような目標設定を自分で決め、そこに向かう習慣をつけると達成すれば、次の目標を決めて走り出せるようになるからです。