星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車で行かないでよ!!

おはようございます♪

Vol.2869

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日のお昼は、みなみ院にて技術勉強会。

 

本社から徒歩10分ぐらいの場所です。

 

なので、妻に・・・

 

「車で行かないでよ!!」

 

って言われ・・・

 

「徒歩です♪」

 

と答え、そんなに信用されてない。。

 

万歩計を稼ぐのにもってこいでした。

 

みなみ院では、治療家6人に対して、技術勉強会。

 

整骨院に入り、靴をみたら・・・

 

靴がそろってない!!

 

なので、スタッフを呼んで・・・

 

「靴をそろえる!」

 

そこから、指導です。

 

靴をそろえることで、心もそろえる。

 

細かいことですが、意識することで細かいことの気づきになります。

 

技術練習は実際に、やってみせて、言って聞かせて、させてみて・・・

 

出来たら、ほめる。。

 

みんな練習して、がんばって欲しいです。

 

=======

 

いよいよ、今日です。。

 

ぜひ、よろしくお願いします。

 

プロセミのカトちゃんが主催!!

 

備考欄に「星野メルマガ」と記載して頂ければ

紹介特典割引になります。

 

※お申込はこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/72c6ccf4491349

  • カラテカ入江慎也氏講演会『夢を叶える人脈のつくり方~出逢いを人脈に変える究極の人間力~』詳細

【日程】

3月15日(水)

【時間】

19時~21時(開場:18時30分~)

【会場】

渋谷文化総合センター大和田4F さくらホール

東京都渋谷区桜丘町23-21(※JR渋谷駅西口・南口から徒歩5分)

http://www.shibu-cul.jp/access.html

 

【参加費】

会員:3,000円(※人間力大學、NPO法人日本商店会、一般社団法人日本朝礼協会、HANA HANA LAND)

会員ご紹介:3,500円

一 般:4,000円

 

【懇親会】

てっぺん渋谷女道場(※先着30名様限定)

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町41-23

https://r.gnavi.co.jp/a034101/map/

 

【懇親会参加費】

一律 4,000円

https://ssl.form-mailer.jp/fms/72c6ccf4491349

 

※お申込はこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/72c6ccf4491349

 

【主催・お問い合わせ】

株式会社プロセミ

Mail:teppen987.8daime@gmail.com

電話:080-3943-8031(担当:漢那)

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉  原晋著

組織のカラーに合わない人材は、能力発揮に時間がかかる

 

 

 

 

人材の見極めに関して、私はもう一つ意識していることがあります。

 

 

それは、青学陸上部の文化や環境、いい換えると青学カラーに合わない人材は採用しないことです。

 

 

私はどんな超一流の素質を持っていても、チームカラーに合わなければとらない覚悟を持っています。

 

 

特に短期的に求められる組織では、そうするべきだと考えます。

 

 

なぜなら、その人材を環境に適合させる時間が必要だからです。

 

 

例えば、最初から青学カラーに合う選手をスカウトしておけば、入部と同時に走力強化に集中できます。

 

 

大学での競技生活はわずか4年間。

 

 

環境に適合させる時間は無駄であり、その選手もチーム本来の力が発揮できずに終わる可能性があります。

 

 

せっかくの優秀な人材が、環境に合わないだけで能力を発揮できないのは不幸と言わざるをえません。

 

 

そのため、私は、スカウトする選手を絞り込む段階で選手自身と面談したり、情報を細かく入手したりすることを大事にしています。

 

 

実業団志望なのか、大学志望なのか。

 

 

関東志望なのか、関西志望なのか。

 

 

箱根駅伝目指すのか、違う大会でもいいのか・・・

 

 

中距離をやりたいのか、将来的にマラソンをやりたいのか。

 

 

さらには、勉強ができるのか、できないのか・・・

 

 

理系なのか文系なのかも調査します。

 

 

陸上以外の情報を集めるのは、目標は箱根駅伝優勝であっても、学生としての本分である勉強を疎かにはさせないためです。

 

 

これも青学カラーの1つです。

 

========

 

学校にはカラーがあります。

 

監督のカラーに学生が染まっていきます。

 

会社でいうと、社長です。

 

社長のカラーに社員が染まっていきます。

 

弊社のカラーに合わない人は採用しない!

 

と言えるようにもなってきました。

 

それでも、そこまで行くまでには、どんな人でも採用し、会社で内乱が合ったり、裏切られたりの繰り返しでした。

 

始めは、人を選ぶことができませんでした。

 

でも、そこがあるから今がある。

 

入れたら必死で育てるしかないのです。

 

大事なのは、採用したら「覚悟」して面倒見ること・・・

 

です。