星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長女が韓国から・・・

おはようございます♪

Vol.2867

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日の夜に、長女が韓国から帰ってきました。

 

長女

 

「お父さん、おみやげ!」

 

 

「ありがと!韓国のりじゃん!」

 

「これ、近所のスーパーで買えるけど・・」

 

長女

 

「お父さんのおみやげは、何を買っていいのかわからないんだよ」

 

そんな話をしていました。

 

まぁ、無事に帰ってきてくれてれば・・・

 

って思っています。

 

=======

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

ヘッドコーチに委ねよ   児玉光雄著

チームをフラットに観察して、強い絆を形成しよう

 

 

 

 

チームは個の力の集合で成り立っている。

 

 

「チームワーク」と個の力をいかに捉えるかは指導者の脳の見せ所だが、個の力なくチームワークだけで勝利を得ることはできない。

 

 

一方、レベルの高いチームほど強烈な技を持った選手が多いものだが、個の力だけに頼るのもやはり限界がある。

 

 

手倉森は、ことさらチームの雰囲気を大切にするリーダーである。

 

 

彼は語っている。

 

 

「代表レベルの選手になれば、どんな小さな行動もすべて見られている。影響力は大きんだぞ」

 

 

「いつも言っているけど、人生はうまくいくことばかりじゃない。うまくいかなかったよきにどんな行動をとるかが重要だぞ」

 

 

「普段の態度や気持ちの持ち方は、すべて試合に凝縮されるものなんだ」

 

 

二流のリーダーほど、能力の高いチームのエースだけをもてはやす。

 

 

しかし、それではチーム内のバランスが崩れて、良い結果が長続きしない。

 

 

現役時代に苦労した手倉森の目には、目立った働きをしたエースと、目立たないながらもチームに貢献している選手が対等に映っており、どちらかを偏重することはない。

 

 

その一貫した姿勢がチームの「絆」を強固なものにしているのは紛れもない事実である。

 

=========

 

個の力なくチームワークだけで勝利を得ることはできない。

 

チームワークの前に個の力です。

 

個の力が集まってチームになる。

 

個のスキルをアップしないとチームだけでは勝てません。

 

これは、スポーツでも会社の経営でも同じ。

 

日々の個人の努力。。

 

大事ですね。