星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東日本大震災から6年・・・

おはようございます♪

Vol.2865

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

今日で東日本大震災から6年が経過しました。

 

黙とうをしたいと思います!

 

昨日のお昼は、梅屋敷院に行って、技術勉強会。

 

スタッフが8人集まって、技術を教えてきました。

 

技術練習に終わりなしです。

 

夜は、顧問弁護士の難波先生と山本先生との打ち合わせでした。

 

これから弊社のシステムがドンドン変わっていきます。

 

プロに相談して、しっかりと準備、手続きをしていこうと思っています。

 

ちなみに、長女は、大学の卒業旅行で韓国です♪

 

お気楽、ご気楽なんですなぁ~

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

本当はすごい成功法則   トニー野中著

明るいのには、理由がある!

 

 

 

 

ビジネスにはさまざまなケースが考えられますから、どちらが絶対に正しいとはいえません。

 

 

ただし、1つだけ言えることがあります。

 

 

それは、一流の経営者は、リスクヘッジについて非常に用心深く考えているということ・・・

 

 

「この商品の弱点はここだ。失敗したら、こうなるリスクがある」と、常に最悪の事態を視野に入れておくことは、一見、ネガティブ思考のように思えますが、そうではありません。

 

 

慎重に判断しているのです。

 

 

ですから、一流の経営者なら、後者の道を選ぶでしょう。

 

 

成功者は、あらゆるリスクにきちんと目を向け、想定し得るネガティブなッ問題にも万全の対策を施しているから「これだけやったのだから大丈夫さ!」とポジティブでいられるわけです。

 

 

つまり、ネガティブなことをまったく考えないわけではありません。

 

 

困難があっても気にしないようにして、楽観的に考えることでもありません。

 

 

経営学の巨人ピーター・ドラッカー氏は、こんな言葉を残しています。

 

 

「より大きなリスクを負担できるようにすることこそ、企業家としての成果を向上させる唯一の方法である。しかしそのためには、冒そうとしているリスクを理解しなければならない。勘や経験に頼ることはできない」

 

=========

 

僕も実は、マイナス思考です。

 

挑戦する時は、最悪の事態を想定してしまいます。

 

物事は、始めから順調にはいかない。

 

いいイメージだけでは、走りながら修正できないからです。

 

だからこそ、考えて考え抜いて、手を打つ!

 

意識しています。