星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

打合せ!!

おはようございます♪

Vol.2861

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、古田土会計事務所に行き、担当の西澤さんと打合せです。

 

今後の展開について、話し合いを行いました。

 

古田土会計さんには、弊社を客観的にみて、指摘し、相談させていただいています。

 

未来の弊社のイメージが明確になってきました。

 

しっかりと形にしていきたいと思っています。

 

それにしても、寒かったですね~

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

ポジトラ   児玉光雄著

言い訳こそ究極のネガティビティ

 

 

 

 

アメリカの教育者ジョージ・W・カーヴァーの私の大好きな言葉がここにあります。

 

 

「世の中の失敗の99%は、言い訳をする習慣のある人たちによるものだ」

 

 

言い訳こそ究極のネガティビティ。

 

 

言い訳こが私たちから夢を遠ざけています。

 

 

同じ状況であっても、状況の捉え方により、二つのタイプに分かれます。

 

 

「言い訳をする人たち」と「言い訳をせず、夢にたどり着くまで粘り強く行動を起こし続ける人」の2タイプです。

 

 

前者は夢から遠ざかって「その他大勢」となり、後者は大きな夢を実現させて「ひと握りの成功者」となっていきます。

 

 

デパートをイメージしてください。

 

 

このデパートでは「夢」という商品を扱っています。

 

 

あなたがこのデパートで購入する商品が夢です。

 

 

1階はバーゲン用品売り場。

 

 

この階には安価なバーゲン商品しか売っていません。

 

 

大勢の人たちがバーゲン商品を奪い合いをしています。

 

 

この人たちはデパートの上層階にはまったく無頓着です。

 

 

その存在すら知らない人が多くいます。

 

 

それほど努力しなくても手に入る安易な夢を獲得する事に満足してしまっています。

 

 

どうせ私なんか、凄い夢とは無縁!

 

 

日々、無事に過ごすことができればそれで満足!

 

 

別に夢なんかなくても生きていける!

 

 

こんな言い訳を日常的にすることにより、努力することが馬鹿らしくなります。

 

 

けっきょく夢を実現することを放棄して、ただ自分をごまかしながら生きています。

 

 

このような人が一流の仲間入りすることはありません。

 

 

いっぽう、一握りの成功者たちは、ただひたすら自分の夢を実現するため、バーゲンセールの商品には目もくれず、上の階を目指します。

 

 

上の階に行くに従い、人の数は少なくなり、扱う商品も高価になります。

 

 

そして、最上階には、数人のお客さんがゆったりとした、ゴージャスな雰囲気の中でスタッフの説明を聞きながら、優雅に高級商品を選別しています。

 

 

このデパートには、上の階に行くエスカレーターはありません。

 

 

そして言い訳しない壮大な夢を持った人だけに渡されている専用カードがあり、それがないと最上階行きの専用エレベーターに乗れないことになっています。

 

 

ほとんどの人々が高い志を持つことを放棄して、ただ目の前にある商品を衝動買いしているだけなのです。

 

 

ただし、ポジテビティに満ち溢れた成功者と言われる人たちは、そんなバーゲン商品には目もくれずに、最上階にある自分が本当に欲しいものだけを購入します。

 

 

まず、あなたが欲しいものを決めてください。

 

 

手に入れてワクワクするもの。

 

 

それは地道な努力を長時間積み重ねなければ手に入らないもの、でなければなりません。

 

==========

 

人生には2通りですね。

 

言い訳をする人生を選ぶのか?

 

夢にたどり着くまで粘り強く行動を起こす人生を選ぶのか?

 

前者は、夢から遠ざかり、後者は夢を実現させ「ひと握りの成功者」となっている。

 

しかし、夢を実現するには苦労が伴います。

 

どの苦労もワクワクする夢の前では、快感になる。

 

また、夢を実現させても、そこからが努力の始まりです。

 

努力を怠ってしまうと、たくさんの苦労の末、自己破たんになることもある。

 

ということは、成功を求めるのではなく、成長を求めることが大切だなと思います。

 

常に成長する!!

 

「自分で努力する気のない人を助けようとしても無駄だ」

「はしごを自分で上ろうとしない人を無理に押し上げることはできない」

Byアンドリュー・カーネギー