星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葛西院無料体験!!

おはようございます♪

Vol.2860

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、弊社の葛西院のリニューアルオープン!!

 

無料治療体験会です。

 

10日間、診療をお休みして患者様に迷惑をかけてしまったので、その恩返し企画です。

 

覗いてきましたが、みんな楽しそうに治療提供をしています。

 

弊社の使命は・・

 

地域密着医療を通じて社会に貢献!人間として成長!

 

力を合わせてがんばります。

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

仕事の思想  田坂広志著

仕事の作品とは何か?

 

 

 

 

すでに述べたように、

 

 

「顧客に届ける商品やサービスこそが、我々の仕事の作品である」という思想は、ある意味で正しいと思います。

 

 

しかし、私は、そうした作品以外に、仕事には、もうひとつの作品があると思うのです。

 

 

それは何でしょうか?

 

 

「職場の仲間」です。

 

 

「職場の仲間」そのものが、ある意味で、仕事におけるもうひとつの作品なのではないでしょうか?

 

 

顧客が満足する商品やサービス。

 

 

それは確かに、仕事を通じて創り上げていくべき大切な作品だと思います。

 

 

しかし、同時に、もうひとつの作品を忘れてはならないでしょう。

 

 

夢と共感にあふれた職場の仲間。

 

 

それもまた、仕事を通じて私たちが創り上げていくべき「かけがえのない作品」なのではないでしょうか。

 

 

しかし、この「職場の仲間」という作品には、「商品やサービス」という作品との、大きな違いがあります。

 

 

名前も形も残らない作品である。

 

 

そのことが、「職場の仲間」という作品と、「商品やサービス」という作品の大きな違いです。

 

=======

 

 

職場の仲間とは、深い縁に導かれ、あるひとつの職場に人が集まったこと・・・

 

それらの人々が、心を合わせて大きな夢を描いたこと。

 

その夢を実現するために、力を合わせて困難な仕事を取り組んだこと・・・

 

そうした仕事を通じて、お互いに理解し合い、共感し合う「仲間」になっていきます。

 

職場において、仕事を通じて、喜びを感じ、技術や知識はもちろんのこと、人間として大きく成長していくんだと思います。