星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術勉強会!

おはようございます♪

Vol.2857

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日のお昼は、平井本院・北口院のスタッフを9人を集めて、技術勉強会。

 

みんな真面目です。

 

一生懸命、聞いてくれて、実技練習。。

 

ぜひ、患者様満足のためにしっかりと練習をして頑張ってください。

 

練習後、中華屋さんで、みんなでランチ!!

 

食事しながら、思ったのは、みんな仲いい!!

 

雰囲気はいいですね♪

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

本当はすごい成功法則   トニー野中著

成功も楽しさも手に入れるコツ

 

 

 

 

幸せな成功者の多くは、好きなことを仕事にしています。

 

経営者であれば自分の夢=会社の夢です。

 

 

ですから本当に四六時中、仕事のことを考えています。

 

 

子どもと遊んでいるときも、大好きなゴルフをしているときも、ビジネスのヒントやチャンスはないかと感性を研ぎ澄ませ、目を光らせています。

 

 

仕事は仕事、遊びは遊びと割り切って、オンオフをはっきり区別する生き方を否定するつもりはありません。

 

 

しかし、人生で、より多くの時間を楽しみ、より多くの収入を得たいと思うなら、そういう考え方では難しいのではないでしょうか?

 

 

楽天の創業者、三木谷浩史氏は、テレビのインタビューでこう語っていました。

 

 

「仕事は人生最大の遊びだ」

 

 

ビジネスに成功できるかどうかのカギは、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかである。

 

 

人間は遊んでいるときこそ最大の創造力を発揮できる動物だから、仕事を遊びに出来れば、人は誰でも有能なビジネスパーソンになれる、と。

 

 

成功者の多くは「あらゆることが勉強であり、仕事であり、自分を成長させる楽しいことだ」と考えています。

 

 

人生の大半の時間は、仕事に費やされるものです。

 

 

だったら仕事自体を「楽しいこと」に変えてしまえば、人生は楽しいことばかりになるでしょう。

 

 

一度しかない人生、やりたいことをやる。

 

 

そしてそれがビジネスに直結して、お金を生んだらもっと嬉しいですね。

 

 

目指すべきことはシンプルです。

 

 

仕事とプライベートを区別するのではなく、24時間、365日、そして生涯ずっと「楽しいこと」ができる人生を目指していくのです。

 

=======

 

僕も仕事とプライベートは同じです。

 

特に分けていない。

 

それは、すべて自分の人生だから、分けるわけはいかないんです。

 

僕も365日、常に会社のことを考えてしまいます。

 

悔しい時は、夜、寝れないときもあります。

 

悔しい時や苦しい時にこそ、自分自身が見えてきます。

 

だからこそ、仕事を通じて楽しいことを考える。

 

いつもイメージしています♪