星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星野会。。

おはようございます♪

Vol.2849

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、東京駅近くで、「星野会」

 

いろんな異業種の仲間が集まっての個別問答でした。

 

参加メンバーが、飯田さん、加藤ちゃん、加賀谷さん、本城さん

 

そこで、個別問答をして盛り上がりました。

 

いやぁ~

 

異業種の集りは刺激になります。

 

==========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

なぜ、ジョブスは、黒いタートルネックしか着なかったのか?  ひすいこたろう著

スティーブン・スピルバーグに学ぶルール

「ラストシーンから描く」

 

 

 

 

映画監督の巨匠、スピルバーグ監督。

 

監督作品の全米生涯興行収入は2014年時点で計41億5590万1520ドル、日本円で4600億円に達し、歴代1位を記録。

 

「JAWS」「E.T」「バックトゥーザフューチャー」「ジェラシックパーク」など、数々の作品でヒットを飛ばし続ける世界最高のヒットメーカーです。

 

とはいえ、映画の現場では様々なトラブルが押し寄せます。

 

スピルバーグ監督は言います。

 

「映画監督は、予想外の問題を解決するのが仕事。最大の難関が最高にクリエイティブな解決するのが仕事。最大の難関が最高にクリエイティブな解決策を生む。現場で何か問題が起こるのが楽しみ。それを乗り越える方法を編み出す」

 

普通、人は予想外の問題が起きることを嫌がります。

 

しかし、その難関を乗り越えるアイデアを出すことが自分の仕事であり、楽しさであるとは、さすが世界最高のヒットメーカーです。

 

きっとスピルバーグ監督の履歴書にはこう書かれていたことでしょう。

 

趣味

「トラブル」

 

 

好きなもの

「逆境」

 

 

いつかいってみたい憧れのセリフ

「困ったな~」

 

 

好きな食べ物

「ハンバーグ」

(バーグつながりです)

 

世界的なベストセラー「ハリー・ポッター」の映画化の際は、監督のオファーを断ったようです。

 

なんでスピルバーグは断ったと思いますか?

 

理由は「ヒットが約束されているから」

 

難関にチャレンジしなくても成功が見ているから断ったのです。

 

さすが、「趣味」→「トラブル」の男だけあります。

 

=========

 

予想外の問題をどうとらえるか?

 

ピンチをチャンスととらえるか?

 

ピンチをピンチととらえるか?

 

また、スピルバーグ監督は、「最初からつくっていく」という積み上げるすたいるではなく・・・

 

「ラストシーンから描く」

 

そこから逆算して映画のシーンをとるそうです。

 

最高のラストシーンを描けたら、その映画は成功間違いなしなんだそうです。

 

ゴールから逆算する。

 

大事になりますね。