星野修の想い・志

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレーナー活動!!

おはようございます♪

Vol.2916

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日も京成大久保院オープン2日目。

 

無料体験会に、院内に入りきらないぐらい患者様が来てくれました。

 

弊社のスタッフががんばっている、足立十三中、足立十一中の女子バスケのトレーナー見学に佃中学に行きました。

 

実は、僕の住んでる月島です。

 

佃中学はいつも、ハヤテとコマチの散歩コースです。

 

身近に感じてうれしいです♪

 

スタッフがいろんなところで活躍していてありがたいなぁ~

 

と思っています♪

 

http://www.hone.co.jp/keiseiokubo/

 

↑京成大久保院です♪

 

ぜひ覗いてみてください。

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

3秒みんなでハッピーになる名言セラピー   ひすいこたろう著

最後の別れ

 

 

 

 

大好きなおじいいちゃんがいました。

 

 

とても素敵な人でした。

 

 

いつもニコニコしていて、みんなから慕われていて、かっこいいおじいちゃんでした。

 

 

でも、私が小学6年生のとき、胃がんで、亡くなってしまいました。

 

 

おじいちゃんが病院にいた期間は、そんなに長くなかったように思います。

 

 

ある日、学校から帰って、家で妹と遊んでいると、お隣のおばさんが家に来て、

 

 

「お母さんから電話があって、おじいちゃんが危ないそうだから!」って、病院まで連れて行ってくれました。

 

 

もうたくさんの人が集まっていて、子どもながらに、ただごとではないんだなぁと感じました。

 

 

私と妹が病室に行くと、「最後のお別れをしなさい」って言われました。

 

 

おじいちゃんは苦しかったんだと思います。

 

 

目も大きく見開いて、口も開いてました。

 

 

すごく覚えてる。

 

 

私は次の日、小学校の修学旅行を控えていました。

 

 

おじいちゃんの最後の言葉は、

 

 

「俺が死んでも、さおを修学旅行に行かせろよ」

 

 

でした。

 

 

自分が今死んでしまったら、私が、明日から修学旅行に行けなくなるんじゃないかって、心配していたのかもしれません。

 

 

自分が死ぬ間際に、そんな私の修学旅行の心配なんて・・・・

 

 

修学旅行にはもちろん行きました。

 

 

「遺言だからね、行きなさい」って

 

 

お通夜もお葬式も出られなかったけど、私が修学旅行に行かなきゃおじいちゃんに怒られるって、おばあちゃんは言いました。

 

 

亡くなる3日前に、震える手でおじいちゃんはお小遣いを渡してくれました。

 

 

そのお小遣いを持って、日光に行きました。

 

 

7つ下の弟が、当時、小さくてわけもわからず、みんなの泣き声の響く病室で、無邪気に

 

 

「おじいちゃんは、お星さまになるの?」

 

 

って言っていました。

 

 

きっとおじいいちゃんは、お星さまになって、私を見守っていてくれるんだと思います。

 

 

私が悩んだり凹んだりしていることもニコニコ笑って、全部わかって、見守っていてくれるんだと思います。

 

========

 

自分が苦しい時に、このおじいちゃんのように、人を思いやる心を持ちたいですね。

 

それが相手の心に残る、思い出でもあります。

 

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修

京成大久保院オープン!

おはようございます♪

Vol.2915

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、24店舗目。

 

京成大久保院のオープンイベントでした。

 

朝、8時に錦糸町へ吉武さんを迎えに行き、京成大久保へ。。

 

オープンする院は、活気があります。

 

夜は、弊社の宇佐美と菊池健太と元西武トレーナーの中野さんと秋葉原会。

 

久しぶりに秋葉原で飲み会して、熱く語り合いました。

 

仲間っていいですね。

 

今日で、禁煙して1か月やり切りました。

 

飲み会の時は注意しないといけませんね~

 

タバコを吸わないので、飲むピッチが速くなります♪

 

次の日がホントつらいです。

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

天運の法則   西田文郎著

本気とは魂の決断である

 

 

 

 

魂の話をしよう。

 

 

何かを成し遂げようとするとき、絶対に必要な条件がある。

 

 

それは、己を犠牲にしてもやり抜くという「覚悟」である。

 

 

大きな成功はこの「自己犠牲」の上に成り立っている。

 

 

自己犠牲には、人に言われて仕方なく行う「消極的自己犠牲」と、自らの石で自分を追い込む「積極的自己犠牲」がある。

 

 

人が本気になったとき、どんな逆境でもつくらないのは、自らの意思で取り組んでいるからだ。

 

 

一流の人間であれば、ワクワクしながら自分を追い込むはずだ。

 

 

ゴールのイメージがありありと見えているから、心の底からワクワクしている。

 

 

人間の脳は、ゴールが見えていれば、苦しみも楽しみに変えられるのである。

 

 

人に指示されて「仕事だからしょうがない」と嫌々やるような「消極的自己犠牲」は何も生み出せない。

 

 

強要されたり義務感から行う「消極的自己犠牲」が生み出すものには、喜びも感動も存在しない。

 

 

魂が嫌がっていることは、ストレスになるばかりで何もいいことはないのだ。

 

 

人の物事への取り組み方のレベルには、次のような3種類あると私は常々申し上げている。

 

①          いい加減

②          一生懸命

③          本気

 

 

経営者でいい加減な人間はいないだろう。

 

 

しかし、損得ばかりで意思決定をしていたり、そこだけに一生懸命な人は、仕事にワクワクした気持ちではないだろう。

 

 

それではストレスが大きくなり、いずれ行き詰まってしまう。

 

 

他人から何を言われようが、たとえ「アホ」「変態」「変人」だと言われようが、覚悟を決めて本気でやれる人間。

 

 

そういう人間だけが真に高いレベルまで行くことができるのだ。

 

 

明治の教育者で後藤静香という人がいる。

 

 

日本で最初に点訳奉仕活動を提唱した人物だ。

 

 

氏の書いた「本気」という詩を、私は講演などで機会があるごとに紹介してきた。

 

 

ここでも皆さんに紹介したい。

 

 

本気   後藤静香

 

 

本気ですれば、たいていの事はできる

 

 

本気ですれば、なんでも面白い

 

 

本気でしているとだれかが助けてくれる

 

 

人間を幸福にするために

 

 

本気ではたらいてるものは

 

 

みんな幸福で

 

 

みんなえらい

 

========

 

この本気の詞が大好きです。

 

本気ですればたいていのことができるはずなのに、やってないからできない。

 

本気でやっていると誰かが助けてくれるもの・・・

 

それが僕は妻でした。

 

起業して25年。。

 

妻には頭が上がりません♪

 

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修

 

 

 

松原団地って??

おはようございます♪

Vol.2914

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日は、獨協大学前に集合し、水上さん松野先生との懇親会。

 

このメンバーでの飲み会は久しぶり・・・

 

なので、話が止まらずに・・・・

 

いやぁ~

 

学びに終わりなしです。。

 

終電に間に合わずに、タクシーで帰ってきました♪

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

37の病院・医師をまわり僕はがんを治した  福島正伸著

すべては自分の姿勢しだい

 

 

 

 

廊下のベンチシートに座り、この待っている時間を何に使うかを考えた。

 

 

私の人生の時間はもう限られている。

 

 

これからの時間、一分一秒何をするかが、本当に大切だ。

 

 

しかし、今はただこうしてイスに座っている。

 

 

もう時間は少ない。

 

 

焦る気持ちの中で、自分が今やるべきことを考えた。

 

 

ガンを宣告され、自分の道を進むことに迷いがなくなったとはいえ、ちょっと冷静になってみると、家族のことや仕事のこと、会社のスタッフのことなど、これから考えなければならないことがたくさんある。

 

 

また、ガンという病気のこともよくわかっていない。

 

 

ガンとはいったいどのような病気なのか、はたして私の場合は治るのか、治らないのか、どんな治療法があるのか、治療期間は、費用はどのくらいかかるのかなど、あまりにわからないことが多すぎる。

 

 

こんな状況の中でいくら考えても行き詰ってしまいそうだ。

 

 

結論が出せない状況の中で悩めば悩むほど、マイナスの感情が起きて、落ち込んでしまいそうになる。

 

 

気持のコントロールは、今までいろいろ経験して身に付けてきたはずだった。

 

 

感情は考え方から起こることも分かっている。

 

 

だから、前向きになることでマイナスの感情を抑えようと思った。

 

 

「そうだ。こういうときこそ、英会話をマスターしよう」

 

 

廊下の椅子に座りながら、ヘッドフォンを両耳につないで、英会話を聞くことにした。

 

 

ここ数年、私は自分が最も嫌なこと、関心がないことを、あえて本気でやってみることにしていた。

 

 

それは自分の中で勝手に限界をつくっているかもしれないからだ。

 

 

また、やったことがないことの中に、新しい気づきや感動があるような気がしたのだ。

 

 

学生時代から、ディスコなどで踊ることは、最も嫌いな事だった。

 

 

カラオケで歌うことも嫌いだった。

 

 

ならば、踊りながら歌うことをやってみようと思った。

 

 

そして、プロダンサーのところに通うことにした。

 

 

半年間ほど練習したあと、私の会社、アントレプレナーセンターの二十五周年記念イベントの会場で、そのお披露目をした。

 

 

今まで感じたことのない緊張感の中、なんとか踊りを終えると、舞台の脇に下がった直後に感極まって号泣した。

 

 

自分が嫌いなことを本気でやってみると、そこに必ず大きな感動が待っている。

 

 

嫌いだからこそ、やり遂げたときの感動は半端ではない。

 

 

そして次は、全く関心がなかった英会話を勉強しようと思った。

 

 

なぜ関心がなかったのかというと、それは次のような理由からだった。

 

 

自分が話せずとも英語を話せる人が近くにいればいい。

 

 

英語を勉強している時間がもつたいない。

 

 

その時間を、自分が本当にやりたいことのために使うほうがいい。

 

 

その程度でしたが、英会話について考えていなかった。

 

 

病院の廊下で、イヤホンを両耳につけて英語を聞くことにした。

 

 

しかし、集中して聞くことが出来ない。

 

 

頭の中でぐるぐると現実的なことがどうしても駆け回る。

 

 

これからの家族のこと、会社のこと、仕事のこと、スタッフのこと・・・・

 

 

考えようとしなくても、やはり考えてしまう。

 

 

「今こそ、時間を有効活用するんだ!」

 

 

自分にそういい聞かせても、脳は勝手にいろいろなことを考えようとしてしまう。頭の中がぐちゃぐちゃになりそうだったので、一つのことを自分に言い聞かせた。

 

 

「どうなるか分からない中で、いくら心配しても仕方がない。だったら一つだけ決めておこう・・・どんなことがあっても、絶対になんとかする!」

 

 

ただ、そのことを決めただけで、心の動揺をかなり抑えることができた。

 

 

しかし、聞こうと思っていた英語はまったく耳に入ってこなかった。

 

=========

 

僕も以前に福島先生のセミナーは30回ぐらい聞きました。

 

その福島先生がノドのガンになり、37もの病院を回り治療をし、治癒したストーリーの本です。

 

いやぁ~

 

本を読んだら壮絶です。

 

ガンになった時、このように考えるんだっという見本です。

 

最後は自分で治療法を決めなければいけませんね。

 

病気とは、メッセージです。

 

自分が今、変わらなければいけないということを病気を通じて気づかせていただける。

 

「すべてを楽しみ、すべてに感謝、この瞬間を生きる」

By福島正伸

 

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修

 

また、また15期練習会!

おはようございます♪

Vol.2913

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日も新入社員15期生が本社に来て、HS式マッサージの技術練習会。

 

1か月経ちませんが、スタッフ個々に差が出てきています。

 

それでも、できるスタッフは出来ないスタッフを教える。

 

競争よりも応援する、協力する。

 

大事にしています。

 

みんなで共に成長してほしいと思います。

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

朝日新聞より・・・

新入社員の皆さんへ

 

 

 

 

新入社員の皆さんは、この1か月ほどの間、研修などで慌ただしかっただろうか。

 

 

戸惑いも多いと思うが、これから本格的に仕事を始める皆さんに、五つの話を贈りたい。

 

 

①          3日の朝刊に、新社会人に向けたサントリーのメッセージ広告が載った。

 

 

この歴史が長く、私が社会に出た1981年は、作家の山口瞳の「働く会社のためでも家族のためでもない、自分のためである」「気楽な稼業だと思ったら大間違いだ」「新入社員諸君!この人生大変なんだ。本当の酒の味がわかるのは、苦しみつつ、なお働いた人たちだけなんだ」という言葉だった。

 

 

②          私が入社した36年前、当時の会長はこうあいさつした。

 

 

「私は社員の健康を害してまで、もうけたいと思わない。体に気をつけてがんばってください」

 

 

意外に感じたが、働き方改革が議論される今、その先見性に驚く。

 

 

③          「諸君。学校を出たら、勉強しよう。」というのは、82年の日本経済新聞の広告コピーだ。

 

 

新聞を読む若者が減っているが、このコラムを読むあなたは頼もしい。

 

 

読書もしよう。仕事関係だけではなく、小説で世界を広げたい。宝島社の2012年の広告コピーは「ヒトは、本を読まねばサルである」だった。

 

 

④          何よりも勧めたいのは、いろいろな人と会話することだ。

 

 

新入社員の間は、先輩に何を尋ねても親切に教えてもらえる。これは新入社員時代の「特権」ともいえる。

 

 

同じことを3年目に聞いたら、「そんなこともまだ知らないのか」と叱られるかもしれない。

 

 

⑤          初めての給料で、親に感謝の意を示そう。きっと、父や母は胸を熱くする。あなたの心は温まる。

 

=========

 

新入社員が入社して、1か月が経とうとしています。

 

どうですか?

 

慣れましたか?

 

体調崩して無いですか?

 

自分の生活のリズムをしっかりともてるかどうか?

 

本当にここからが、人生勉強の始まりですね。

 

うまくいかないことを環境のせいにする人間は、絶対に幸せになれません。

 

笑いや涙、感動のある人生を・・・

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修

 

 

15期練習会!

おはようございます♪

Vol.2912

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日の午前中は、弊社の新入社員15期生が本社にて、HS式マッサージの技術練習会。

 

15期生は多いので、半数が集まってます。

 

みんな練習してきた成果か、うまくなっています。

 

デビューまでに、100人をマッサージするのがノルマになっています♪

 

100人マッサージして、指を作るのです。

 

質より量をやる時期。。

 

頑張って欲しいですね~

 

=========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれた3週間で人生を変える法  トニー野中著

ツイている人とつき合いなさい

 

 

 

 

「どんな人と付き合うべきかだって?答えは簡単だよ。ツイている人と付き合うことさ。自分にツキが回ってくるからね」

 

 

人間関係の秘訣について、大富豪たちは、決まってこう答えます。

 

 

あのアメリカの不動産王ドナルド・トランプ氏は、シビアなことに運の悪い人間とは目も合わさないといいます。

 

 

彼らにしてみれば、過去にどんな功績を残していようが、社会的立場がどうだろうが、あまり重視すべきことはできないのです。

 

 

何より探すべきは、「人生のあらゆる局面を切り抜けるだけの強運を持っている人」なのです。

 

 

これは非常によくわかります。

 

 

なぜなら私自身、「ツイている人」と出会うことで、人生がみるみる好転してきたからです。

 

 

その「ツイている人」とは、ほけでもない、「ツイている人を探せ」といっている大富豪自身です。

 

 

何せ話を聞いていると、次から次へと2“いいこと”ばかり起こっているように感じるのです。

 

 

しかも付き合うと、本当にステキな出会いに恵まれる。

 

 

彼らとお付き合いできたおかげで、私もタイガーウッズをはじめとする著名人たちと交流が持てるようになりましたし、ロスチャイルド氏と交友を持てたのも、日本一美しいバラの咲く霊園、株式会社いせやの中本隆久社長とのご縁からでした。

 

 

同じようなことは、IT業界に入ってからも感じました。

 

 

楽天の三木谷浩史社長や、GMOインターネットの熊谷正寿社長など、成功者といわれる方々は、本当に一緒にいるだけで、まさしく自分にもいい回転がどんどん起こっていくように感じたものです。

 

=========

 

アメリカの大統領、トランプさんもツイてる人とつき合って、大統領まで上り詰めた人なんですね~

 

「ツイてる人とつき合う。」

 

経営してる上で大切だと思っています。

 

もちろん、自分自身もツイてると思いこまなければいけません。

 

ツイている人は常に笑顔でいる。

 

周りにツイてる人はそうじゃないですか?

 

それだけで笑顔の人が引き寄せの法則のように周りに集まってきます。

 

笑顔でいるだけで、人が応援してくれたりします。

 

笑顔でいる。。

 

大事です。

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修

本部会議!!

おはようございます♪

Vol.2911

いつも読んでいただきありがとうございます!!

 

昨日の午前中は、本部会議でした。

 

4月が終われば、あと2か月で24期も終了します。

 

早いですね~

 

会議の中で、24期仕事していて、無駄な仕事は?

 

次回の宿題になりました。

 

仕事は増える一方ですが、増やしたら一つ減らす・・

 

洋服の断捨離と同じです。

 

無駄な仕事を無くして、もっと効率よく働く・・・

 

やっていきます♪

 

========

 

それではメルマガいっちゃいます♪

 

天運の法則   西田文郎著

「天運の法則」で生きるとすべてがよい方向に回り出す

 

 

 

 

世の中の成功者になるのは簡単である。

 

 

それは、先祖から引き継がれた己の命に感謝し、生きている時間を大切に考え、天寿を有効に使えばよいのである。

 

 

しかし、現実には天に与えられら天寿を大切にせず生きている人もいる、それらの人は寿命が尽きるとき、後悔するはずである。

 

 

昔の人は「人生50年」と言った。

 

 

現代では、日本人の寿命も延び「人生80年」、いや「人生90年」「人生100年」の時代になっている。

 

 

長生きできるようになったことは喜ばしいが、その分、「死」というタイムリミットがひどく見えにくくなっている。

 

 

「論語」に「五十にして天命を知る」という有名な言葉がある。

 

 

子曰く、われ十有五にして学び志す。

 

 

三十にして立つ。

 

 

四十にして惑わず。

 

 

五十にして天命を知る。

 

 

六十にして耳順(したが)う。

 

 

七十にして心の欲する所に従えども、のりこえず。

 

 

【訳】

 

 

孔子は言う、私は十五歳ごろから先生の教え、礼楽の学問をしようと決心した。

 

 

三十歳にしてその礼楽の学問について独自の見識が確立した。

 

 

四十歳ごろ事理に明らかになって、物事に惑うことがなくなった。

 

 

五十歳になって、天が自分んい命じ与えたものが何であるかを覚り、また、世の中には天運を存するということを知ることができた。

 

 

六十歳ごろには、何を聞いても皆すらすらと分かるようになったし、世間の毀誉褒貶のも心が動かなくなった。

 

 

七十歳になっては、心の欲するままに行うことが、いつでも道徳の規準に合って、道理に違うことがなくなって、真の自由を楽しめるようになったようだ。

 

 

孔子は、50歳くらいになると自分がこの世に生まれた天命をしるというのだ。

 

 

天命が知ると「人間の本性の働きのようなもの」がわかり、60歳くらいになると何を聞いても何でもすらすらとわかるというのである。

 

 

そして70歳になる頃には、心のままに振る舞うと、それが道理にかなって、しかも楽しくて仕方がないというのである。

 

 

「天運の法則」とは森羅万象の道理に気づくことである。

 

 

命をかけてやるべき使命に気づき、その決断をすることなのだ。

 

 

「天運の法則」で生きると、すべてが道理にかなって自然とよい方向に回り出すということをわかっていただきたい。

 

=========

 

西田先生の天運の法則です。

 

孔子は、50歳くらいになると自分がこの世に生まれた天命を知る。

 

僕も今年の9月で50歳!!

 

なんとなく、自分が何をしたらいいか?

 

分かってきました。

 

若かりしき頃からの思っていた夢が次々と実現していきました。

 

現在は、そんな経験を活かし、人の夢を応援していきたいと切に思っています。

 

=========

 

■登録・ご紹介はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showRegisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

■解除はこちらから

http://form.hoshino22.com/fm/mailUserExt/showUnregisterForm?gpid=rFqMlnG1qBDgVYqYMqxqee

 

株式会社HSコーポレーション

http://www.hone.co.jp

星野 修